海外生活を実現させたい英語初心者さんの為の情報サイト

英語が苦手、初心者だけど海外生活に向けてコツコツ独学している人を応援しています!

【失敗したくない!】英語力ゼロでも安心して通える語学学校の4つの見るべきポイント

スポンサーリンク

こんにちは!鈴木寛子です!

幸子さん
幸子さん

この間留学エージェントに相談しに行って、英語ができないことを伝えたら何校か提案されたんだけど、これが自分に本当に合ってる語学学校かわからない。英語ができないから安心して通える学校に行きたいなぁ。

HIROKO
HIROKO

語学学校選びって、一番の悩みどころだと思います。
資格試験を目指していたり、自分が勉強したい内容などが分かっている場合ならまだしも、英語力ゼロの人にとってどんな学校を選んだら良いか分からない事があると思います。

英語がわからないから留学エージェントのウェブサイトを読み漁り、結局言われた通りの学校に入学する言う結末に至らないように、英語ゼロの方でも安心して通える学校の選び方についてお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

英語力ゼロでも安心な語学学校を見るべきポイント

①日本人スタッフがいる学校

英語力ゼロの方には日本人スタッフのいる学校を選ぶ事をお勧めします。

 

英語が全く話せないのに、英語しか話せないスタッフだけでは、大切な事を理解できなかったり、困ったことや聞きたい事があって相談しても英語だと細かいニュアンスを理解するのが難しいです。

学校に全てを頼るわけではありませんが、最初に海外生活をスタートするベースとなる場所になるので、安心して聞ける相手がいるだけでも心の持ちようが変わってきます!

また、日本人特有の悩みや価値観、考え方などがありますので、英語が全く話せない人にとってネイティブスピーカーの対応は素っ気なく聞こえてしまったり、何もアドバイスに感じないことが良くあります。

また聞いて欲しいだけの時もありますよね、軽くあしらわれてしまったりする事もあります。(これは何もその人の対応が悪いわけではなくて、そう言う価値観で皆さん生きてきたからなんです!)

日本人のスタッフが常駐していれば、何かあれば気軽に相談できるので安心ですね。

②日本人の生徒さんが多い学校を選ぶ

英語を学ぶのに日本人の人が多い学校を選ぶと、英語が上達しないのでは?と思う人が多いんですが、それは違うんです。

英語ができなければ当然ながら他国の人とコミュニケーションを取る事が難しくなります。

または英語ができない人達は結局のところ英語ができない母国の人同士で固まってしまう傾向があります。

海外留学に対する願望が高すぎて、現実と理想のギャップにショックを受けてしまう事もあります。

下記は、当語学学校に通われた元生徒さんが当校を選ばれたポイントについてご紹介します。

ひろこさんが日本語対応してくれて、学校にも同世代の日本人がいたから、ですかね。フェイスブックとかブログで見て。逆に。10代の時にタイに半年行ってたことがあるんですけど、その時同世代の日本人って周りにいなかったので、友達もできなかったんですよね。それでホームシックになって。地元の方が楽しいやん。ってなって。笑 僕の場合はそれで一回失敗してるので優先事項だったかもしれませんね

某エージェントに登録しましたがしつこかったのと、英語全くできないけどヨーロピアンがたくさんいるところ紹介されて、ちょっとムリとなりました。英語できない身からすると、日本人いて全く問題ないです笑
だって、外に行けばオーストラリアw

こんな風に日本人のスタッフがいて、海外生活を頑張る同世代の日本人の子達がいる事が安心要素となったようです。

どうやってコミュニケーションを取っていいかもわからないのに無理に英語環境に身を置いても、ストレスが大きくなり海外生活を楽しむどころか、英語の勉強自体にも身が入らなくなってしまいます。

結果、海外生活が肌に合わないと感じ、日本へ帰国する事になってしまったりする事態になりかねません。

自分を追い込んで勉強するよりも、海外生活は予測不可能な事が沢山起こりますので、ストレスがない状態でスタートするようにしましょう。

③学校の規模が少人数のところを選ぶ

英語力がゼロの時にマンモス校に通ってしまうと、当然1クラスの人数も多くなってしまいます。

日本人の性格上、あまり発言することに慣れていないので、大人数の中に置かれてしまうと緊張だけして1日が終わってしまう事もあります。

 

できるだけクラス人数が少なく(出来れば10人以下)、先生と生徒さんの距離が近い雰囲気の学校ですと英語を話す上達が早くなります。

あわせて読みたい>>英語初心者の人がみるみる英語を話せるようになるための4つの方法【人見知りでシャイの人も使える】

④レベルアップだけではなく、実践して英語が使える環境が整っているか

よく語学学校で謳われているのは、うちはレベル分けが非常に細かいので段階を踏んで英語を学べますよ!レベルで英語の上達が分かります!と言っている事です。

細かく分けてくれるのはいいですが、だんだんとレベルアップの為だけに英語を学びに行っているような気分になってしまいます。

私は、他の学校で学んでから当校に入学されて来た人達を見て来ました。

Intermediate Level(英語力中級)で終了しました!

と言われていても、基礎的な文法を理解していなかったり、単語力も乏しかったりして、もちろんその方の学習能力なども関わって来ますが、その学校がどんな事を教えて来たのか疑問に思う事もしばしばありました。

きっと矢継ぎ早に覚える英単語や文法はすぐに忘れてしまうということもあったのでしょうね。

併せて読みたい>>英語上達のためにボキャブラリーを増やしたい!【丸暗記や単語帳を作らない英単語の6つの覚え方】

また英語のクラス分けをすると、担当の先生が毎回変わるので、あなたの英語の癖やあなたのキャラクターについて、また新しい先生に1から知ってもらう事になります。

細かいレベル分けよりも、英語が少しでも上達するためには、英語を実践する機会がある語学学校があるといいですね!

私たちがいつも皆さんにお伝えしているのは、学校で学んだ英語を使う機会がある事。英語は使えば使うほど伸びて行くんです。


例えば、オーペアやホームステイと言ったお家での環境で英語を実践して使えるというような環境が整っているとベターです。

併せて読みたい>>【オペア完全ガイド】オーストラリアでオーペアを始めるならここを読もう!【準備・滞在中・心構え・英語についてまで網羅!】

こういったプログラムに参加する事で、ご自分を無理なく英語環境に置く事ができ、さらに日本人のお友達を作る事でお互いに励まし合いができたり、今まで日本で出会う事がなかったであろう人達と出会う事もできます。

締めるところは締め、無駄なストレスを減らそう

英語初心者の人は、ただでさえ言葉が分からず、色々と不安なのに自分が生活をスタートさせる場所まで厳しい環境だと、心が折れてしまいます。

せっかく実現した海外生活を楽しくスタートさせるためにも無駄なストレスや負担は極力減らすようにしましょう。

だからと言って自分を甘やかすわけではありません。
ある程度自信が付いてきたら、独り立ちしていくことも大切です。

ただいつまでも遊びにきたいと思えるような、そんな場所に語学学校がなるといいですね。

まとめ

英語力ゼロの人が安心して通える語学学校は下記になります。

日本人スタッフがいて気軽に学校での勉強のことや生活のことなど相談できる。
日本人の同世代のクラスメートがいて、励まし合える。
実践して英語が使える環境が整っているか。

まずはこれらに当てはまる語学学校を探してみるのがいいかと思います。
また、海外留学までに時間があるのであれば、日本でも少しずつ英語に慣れて置く事をお勧めします!

>>詳しくはオーストラリア留学前、留学中にも使える役立つ英語の参考書分野別10選

コメント

タイトルとURLをコピーしました